中古パソコン転売実践開始2週間目:2019/10/30〜11/5

目安時間:約 5分

前回の週では、初回の週ということで

パソコン転売スクールに入塾し、マニュアルを読んでリサーチを開始しました。

 

アドセンスやメルマガを実践している私がなぜパソコン転売を始めたのか、とか

実践記録については、こちらの記事をご覧ください

中古パソコン転売スタート!実践開始1週間目2019/10/23〜10/29

 

 

塾のカリキュラムでは、まだ実践はしなくてもOKという話でしたが

他の塾生もすでに仕入れを始めた、ということで(他の人の実践の様子を聞くと、焦ってしまう私)

私も早速仕入れを開始しました。

 

10/31・11/1

ヤフオクから、パソコン3台購入。

ヤフオクの利用は、プライベートでもしたことがありません。初めてです。

 

メルカリとかフリマアプリなら利用したことあるけど、

「オークション」形式ということで利用をためらっていました。

 

でも、別に難しいことなく簡単に使えました。

そして無事、3台落札。

 

11/2

 

届いたパソコンの撮影をして、メルカリに出品。

メルカリは個人としても不用品販売などに利用していて、

評価はすでに150くらいあったので(100%良い評価)もう慣れている。

 

 

 

この時の出品の様子、今振り返るとダメダメ要素ばかりで...反省ポイントをお伝えします。

 

床に直置きで撮影

まず、床に直置きで撮影していました。

床にパソコンを直置きで撮影していて、それで売れている人もいます。

 

でも、購入者側の気持ちになった時に

できれば床に置かれた商品は購入したくないですよね...

 

そして、写真の見栄え的にもあまり良くないですし、印象もよくありません。

 

てことを考えると、できればテーブルなどに置いて撮影した方が良いです。

 

スペック確認せず

本当はメモリとかCPUとか確認しないといけないのに、全然確認せず。

最低限のお「起動するか」とか「キーボードは使えるか」くらいしか確認しなかったです。(ダメダメ....)

 

出品文に記載するスペックも、ヤフオクの商品説明欄に書いてあったことをそのまま記載しただけ。

 

今思うと、これはかなり危険。

ヤフオク出品者が間違っている可能性もあるわけだから、そこをしっかり確認しないといけません。

もし間違っていたら、出品者に連絡して、不具合があれば返品しないとです。

 

でないと、メルカリに出品して購入された時、後々クレームに繋がることも。

 

まあ、当たり前のことですが...私はできていなかったので、念のため。

 

というか、スペックの確認方法がわからなくて。

今はもちろんわかりますが。

 

確認することとしては、

 

  • メモリ
  • HDD/SSD
  • CPU
  • OSのバージョン
  • ドライブ
  • CD/DVD再生できるか
  • キーボードは正常に入力できるか
  • USBは認識するか
  • ネット接続できるか

 

これらは最低限確認すると良いでしょう。

 

 

ということで、この週は3台仕入れてとりあえず出品してみました。

出品文は、塾のマニュアルであったテンプレートをほぼそのまま使いました。

 

 

次の週に続きます。

中古パソコン転売実践開始3週間目:2019/11/6〜11/12

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
応援クリックお願いします!
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報